{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

販売期間
2024/06/21 12:00 〜 2024/07/12 23:59

【SPBS THE SCHOOL】みんなで"着る"を物語るワークショップ「ファッションストーリーの庭」

33,000円

※こちらはダウンロード商品です

2406_fashionstory.pdf

83.8KB

販売終了しました

【2024年7月13日スタート 受講生募集中!】 服を着ることは、毎日誰もが必ず行っている行為であり、 服を選ぶことは、毎日誰もが場所や環境、会う人や感情に合わせて意識的にもしくは無意識に行っています。 着る服を選ぶという日常的な行為にはさまざまな取捨選択の要素があります。 自分をどのように見せるのか、そのためにどのよう手段を選ぶのか。 実は一番身近な“編集的行為”ともいえるのではないでしょうか。 このワークショップ「ファッションストーリーの庭」では、日常的にある“着る”行為を編集ととらえ、一人一人の参加者を編集者として、みなさんの視点を集めたポスターzineをつくります。 講座をナビゲートするのはインディベントファッションマガジン『apartment』を主宰する編集者の杉田聖司さんです。 杉田さんは、過去にファッション写真を撮る仕事をしながらも、誰かの決めた衣装を着用し誰かを演じるようにポージングを決めたモデルを写す「ファッションストーリー」に違和感を持ち、「その服とその人の関係が写るファッションストーリーが撮りたい」と感じていたといいます。 そして、そもそも「ファッションストーリーとはなんだろう」と考えた先に「自分の気持ちや社会の都合に沿って服を選んだり、選んだ服を着ることで嬉しくなったり不安になったり。個人の生活が最も服と人の関係を写すものなのでは?」という仮説にたどり着きました。 今回のワークショップでは『apartment』における「ファッションストーリー」をもとにして、自身の生活と向き合い身に纏う服など、ストーリーの素材となる写真を撮り貯め、制作過程で行う写真を並べる行為やインタビューワークを通して、服と自分と社会との関係を紐解いていきます。 毎日楽しく服を選んでいる方も、毎日頭を悩ませながら服を選んでいる方も、「着ること」やファッションについて考えたいと感じる方なら大歓迎。自分がどのように服を選び、どのような日常を過ごしているのかを、ファッションストーリーという視点から改めて捉えていきます。 このワークショップがアパートメント(集合住宅)の庭のように、異なる個性を持つ個人が集い交流する共有スペースになれば幸いです。 ■ナビゲーター 杉田聖司(編集者/「apartment」主宰/「GAKU」事務局) ファッションを中心に企画、インタビュー、シューティング、ライティングなどを行う。2019年よりファッションマガジン「apartment」を主宰し、個々人の装いを起点とした雑誌発行やイベント制作などを継続中。また10代向けのクリエーションの学び舎「GAKU」事務局としても活動する。 ■初回ゲスト ゆっきゅん(ディーバ) 1995年、岡山県生まれ。青山学院大学文学研究科比較芸術学専攻修了。サントラ系アヴァンポップユニット「電影と少年CQ」のメンバー。2021年よりセルフプロデュースでのソロ活動「DIVA Project」を本格始動。でんぱ組.incやWEST.への作詞提供、コラム執筆や映画批評、TBS Podcast『Y2K新書』出演など、溢れるJ-POP歌姫愛と自由な審美眼で活躍の幅を広げている。 ▷カリキュラム 第1回|ガイダンス・撮影 日時|7月13日(土)9:30-12:30 ゲストスピーカー|ゆっきゅん ナビゲーター|杉田聖司 第2回|インタビュー 日時|7月27日(土)9:30-12:30 ナビゲーター|杉田聖司 第3回|レイアウト・校正 日時|8月17日(土)9:30-12:30 ナビゲーター|杉田聖司 <発表会> 日時|8月25日(日)9:30-12:30 ▷ 開催概要 日程: 【講義】2024年7月13日(土) 、7月27日(土) 、8月17日(土)(全3回+発表会) *時間は全て9:30-12:30 *開場は9:20 【展示】2024年8月25日(日)〜8月30日(金) 会場: 【講義】SPBSオフィススペース 【展示】SPBS本店ギャラリー 東京都渋谷区神山町17-3 テラス神山1F 主催:合同会社SHIBUYA PUBLISHING & BOOKSELLERS 担当:SPBSメディア事業部 SPBS THE SCHOOLチーム 北村 お問い合わせ先 school [at] shibuyabooks.co.jp

セール中のアイテム